成年後見制度メリット

成年後見制度について説明しましたが、では実際この制度を利用することで、どういったトラブルの解決に結びつくのでしょうか。身寄りが無い被相続人の方が、将来的な自分の遺産の行方が心配な場合、親族間で争いが絶えず、財産の為に紛争が勃発しかねない場合、本人の財産を親族が勝手に使い込んでいる場合、少し複雑で困難な法的トラブルを抱えている場合、財産管理をいずれ信用できる人に預けたいと考えている場合、知的障害を持った親族がいる場合の対処方を考える場合等の悩みがある場合には、成年後見制度を利用されることで解決する可能性が出てきます。ただし、申立ての手続きや書類を揃えるには少し複雑で、お金の問題も絡んで来ます。デリケートな問題になりますので、手続きや相談については、専門家である弁護士を頼ると良いでしょう。

後見人になれる人について、資格等は必要なく、法律上は誰でもなることができます。家庭裁判所がふさわしくないと判断した場合には認められない場合もあります。また、相続に関しては本人と後見人に利害関係があるとされた場合には、別に特別代理人を立てる必要があります。後見人には、第三者である弁護士を職業後見人として立てることも可能です。状況に応じて弁護士を活用すると良いでしょう。

『参考資料』スター綜合法律事務所:弁護士成年後見サポート

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket