成年後見登記制度とは

法定後見制度、あるいは任意後見制度を申し立てた場合、「成年後見登記制度」を利用することになります。この制度とは、法定後見制度と任意後見制度の利用の内容、成年後見人の権限、任意後見契約の内容等について、コンピューターシステムで法務局に登録し、登記官によって登記事項証明書を発行、情報を適正に開示することで、判断能力が不十分な方との取引の安全性を確保することができる制度になります

以前は戸籍に記載されていたこともありますが、プライバシー保護の観点、成年後見制度の使い勝手を考え、成年後見登記制度が新しく作成されました。本人や成年後見人からの要望があれば法務局から登記事項証明書が発行されますので、これを相手方に表示することで安全かつスムーズな取引が可能となります。例えば、成年後見人が、本人の代理で財産の売買、介護サービスの契約等を締結する際に、この成年後見登記制度を使って、取引相手に登記事項証明書を提示します。これでその権限等を確認してもらうという利用方法になります。あるいは、成年後見を受けていない場合は、自己が登記されていないという証明書も交付してもらうことができます。つまり、成年後見制度についてのいろいろな証明書になるということになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket